仲介と買い取りはどちらが良いか比較しつつ、ゴールを考えて選ぶ

売却で不動産業者にマンション買取(即金即買)してもらうのは、損か得か?ですが、売主がどのような理由で売る事を検討しているかどうかと現在の状況で違ってくると思います。

例えば、6ヶ月後までに売却すればいい等、期間に余裕がある場合は、あえて買取を選んで売却する必要はありませんので、業者に買取してもらうと売却価格が下がり損する事になります。

しかし、2週間以内に売るなど、時間に余裕があまりない場合は仲介での売却を選んでしまうと、すぐに売れる可能性がゼロ%ではありませんが、いつ売れるかどうかがわからないので、もし売れなったら大変ですよね?

そういった場合は買取を選択する方が利に叶っているでしょう。

仲介と買取

マンションを売ろうとした場合、通常は不動産会社と契約を結んで仲介をしてもらい、買主を見つけてもらいますが買取の場合は不動産業者又は買取業者が直接、買主となって買い取ってくれます。

買取してもらった方が得じゃない!?と考えてしまいますが、そんなに簡単にはいきません。不動産業者が直接買い取るのは、買取した物件をリフォームなどをしてキレイすれば売れる見込みがあると考えているからです。

売り出すためには当然、リフォーム代などの費用がかかってきますので、買い取る場合は相場の7割くらいで買取し、利益分を上乗せして売却する事になります。

メリット・デメリット

買取のメリット

  • 仲介手数料がかからない
  • 不動産業者が買取るので瑕疵担保責任が免除
  • 現金化まで早い
  • 近隣の方などに知られずに売却ができる
  • スケジュールを組みやすい。いつ売却完了するかがわかる

買取のデメリット

  • 仲介で売るよりも売却額が低くなる

仲介のメリット

  • 買取よりも高く売れる
  • 相場よりも高く売却できる可能性がある

仲介のデメリット

  • いつ売れるのかわからない
  • 仲介手数料がかかる
  • 住み替えなどでの売却の場合、スケジュール調整が大変

買取でのマンション売却

  • 売却までの期間がない(売却資金が必要な日が決まっている)
  • マンションが古かったり状態が悪い
  • 売却価格が低くなるのは問題ない
  • 近隣に知られずに売却したい

買取の利用は、売却にかけられる時間があまり無い方、あまり状態の良くないマンション、売却価格が下がっても大丈夫な方、売却までの期間があまりかからないので、近所に知られずに売却したい方に向いています。

お金に多少余裕がある方、ローンを完済している方などは買取でスムーズに売却するのも良いかもしれません。期日も確定できるので、今後予定が組みやすくなるのが良いですね。

仲介でのマンション売却

  • なるべく高く売却したい
  • 期間的には余裕がある

仲介は、期間的には余裕があり、価格重視でなるべく高く売りたい方に向いているでしょう。買取は業者が直接買う事で早く売れるメリットはありますが、価格が下がるのがネックです。

その為、高く売りたい方は買取は向いておらず、仲介契約をして売却する方法の方がメリットが大きいです。期間については、納得価格で購入してくれる買主が現れるまでとなりますので、当然、買取を利用するよりも時間はかかります。

買取保証サービス

買取と仲介はどっちがオススメといわれると、状況に応じて判断としか言えません。上記で言ってきたように、メリット、デメリットがあるので、その上で判断するのが一番良いと思います。

実際にどれくらいで売れるかもわからず、決められないという方は、まずは査定してみると一歩進んだ判断ができます。どちらか選べない方は仲介と買取の良い所をとった買取保証サービスというのもあります。

このサービスは、一定の期間は通常の仲介での売却をし、決められた期間で売れなかった場合は買取してもらえるというサービスです。買取価格は契約で決めた額になり、もちろん相場よりも低い価格にはなりますが、もし仲介で売れない場合でも確実に買取してもらえるので、安心できるメリットがあります。

不安な方で低い価格でも売りたいという方は利用してみても良いかもしれません。

Follow me!