マンションの買取は早く売れるが、需要が高いマンションなら仲介でも十分早く売れる

不動産会社が、直接買主になるのが買い取りです。一般的なマンション売却は、不動産会社が仲介して買主を探します。その場合、不動産会社は仲介手数料で収益を得ます。

買い取りは、マンションを安く買い取って、高く売るというビジネスモデルです。買い取った後、業者がフルリフォームして付加価値を付け、高く売り出すのが一般的です。

メリット・デメリット

売主にとって、買い取りのメリット・デメリットをまとめておきます。

買い取りのメリット

売主にとって、マンション買い取りのメリットは、おもに次の5つです。

  • 周囲の人に知られることなく売却できる
  • 短期間で売却できる
  • 瑕疵担保責任を負わなくてよい
  • 仲介手数料が不要
  • 売るためのリフォームが必要ない

不動産会社による仲介の場合、買主を探さなければいけません。うまくいって2~3ヵ月程度かかります。1ヵ月ほどで買主が見つかることもありますが、そういうことは稀です。

それに対して、買い取りの場合、買主は業者です。業者が買い値をつけて、納得すればその価格で売ればいいのですから、すぐにでも売却できます。また、通常の売却では、売主が瑕疵担保責任を負いますが、買い取りでは、売主に瑕疵担保責任がありません。

瑕疵担保責任というのは、買い手が購入してから一定期間内に不具合があった場合、売主が費用を負担しなければいけないというものです。

買い取りのデメリット

売主にとって業者による買い取りのデメリットは、価格が安くなることです。市場価格の70%前後となります。業者は、リフォームして売るために買うので、転売益を得るためには、これくらいの価格になってしまうようです。

不動産会社による仲介の場合は、相場よりも高く売れることもありますが、いつ売れるかは分かりません。不動産会社が仲介する場合は、売却益の約3%の仲介手数料が、不動産仲介業者の収益となります。ですから、基本的には、高く売れるほど業者の利益も大きくなります。

一方、買い取りの場合は、できるだけ安く買い取るほど利益が大きくなります。買取価格が妥当かどうか、一番高く買取してくれる業者はどこか、複数の業者の提示する買取価格を比較する必要があります。

買い取りが適しているのは

基本的には、不動産会社による買い取りでなく、通常の売却を選択すべきでしょう。その方が高く売れるからです。

ただし、

  • 売却することを周囲に知られたくない方
  • 売却しなければいけない期限が迫っていて早くキャッシュが必要な方

などには、不動産会社に買取してもらうメリットがあります。

買い取りが適している物件

物件によっては、買い取りが適している場合があります。築年数が古いなど、そのまま売りに出しても買い手が付きづらく、売るためにフルリフォームが必要な物件です。

なぜ、買い取りの方が良いかというと、個人がフルリフォームするよりも、業者ならまとめてリフォーム工事を発注するので、安くできるからです。築年数があまりにも古く、状態の悪い物件の場合は、個人でリフォームして売るよりも、そのまま業者に売ってしまった方が有利なことが多いのです。

一括査定

買い取りの場合は、マンション一括査定を利用すると便利です。複数の不動産会社から買取価格を提示してもらい、最も高く買い取ってくれるところを選べばよいのです。

早く売れることがある

買い取りでなくても、比較的早く売却できる場合もあります。売りに出す物件があるエリアで、購入希望者を握っているような不動産仲介会社に出会えた場合です。

特定のエリアやマンションに強い不動産仲介業者がいます。大手仲介業者の方が情報量が多いとか、近所の不動産会社ならその地域に強みがあるとか、単純ではありません。

大手よりも地元の不動産会社の方が情報が多い場合もありますし、少し離れていても特定のエリアの特定の物件について強い不動産会社もあります。

では、そういった不動産仲介会社をどうやって探せば良いのかというと、マンションの一括査定を利用するのです。一括査定は、複数の不動産仲介会社にまとめて査定依頼でき、その物件やエリアに強い業者の方から連絡が来ます。あなたが1社ずつ問い合わせする必要はありません。

通常の売却で売れる見通しがあるのか、それとも買い取りしてもらう方が良いのかも相談できます。利用は無料。査定を依頼したからといって、必ず契約しなければいけないということもなく、しつこい勧誘も一切ありませんから、気軽に利用できます。

Follow me!